化粧品

輸入代行の利用

会議

最近、インターネットオークションでショップを開く人が増えています。商品を仕入れてオークションサイトで販売するのです。その際に、化粧品が商品として人気があります。化粧品を輸入してその商品をオークションにかけるのです。

詳細を確認する...

注意すべき点

案内

化粧品を製造することは、いつでも、誰でも行なえるものではありません。化粧品の製造のみ行う場合は、製造許可を得るために、その事業所のある市町村に届け出を出し、許可を得なければなりません。

詳細を確認する...

自分で作る

会議

化粧品を購入する女性は多いですが、最近ではオリジナル化粧品を製造している女性も多くなっています。OEMメーカーに依頼した場合、化粧品の知識がなくても製造することが可能です。

詳細を確認する...

商品コンセプト

最近では色々な企業が海外進出していて、多くの国で活躍をしています。特に、ベトナムや中国などアジアには多くの日本企業がいて、日夜商品開発を行っています。そんな中、急速に成長しているのが化粧品会社です。化粧水や美容液などを販売して世の中の女性に綺麗になってもらうために色々な商品を販売していて、新しく参入してくる企業も増加しています。しかし、新しく化粧品会社を立ち上げるとなると膨大な資金が必要となるため簡単には始めることが出来ませんが、OEMを利用すればどんな方でも化粧品を売ることが可能となります。OEMは企業から依頼を受け化粧品の製造を請け負ってくれる会社で、最近では化粧品とは関係の無い業界にも力を貸しています。そのため、多くの企業がお世話になるOEMですが製造だけでなく商品のコンセプトやイメージを作り上げることにもアドバイスしてくれます。

コンサルティングも行ってくれるOEM会社は、お客からの依頼を受け初めて商品開発に力を貸してくれます。そのため、利用を考えている企業は連絡をする必要があります。電話やメールで予約を取り、商品開発のコンセプトを決め製造に取り掛かりますが、商品が出来上がるまでには長い期間を要するので、利用を考えている企業は早い段階で依頼する必要があります。基本的に製造から納期までの期間は数ヶ月を要し、その間にも化粧品に使用する成分の打ち合わせやコストなど色々な面に関して話し合いが行われるので、依頼して商品を販売するには少なく見積もっても半年は掛かると想定して利用しましょう。